ちょっと長い散歩 天園ハイキングコースとビートルズトレイル

なんだか、行こうと思っていた山々がぬかるみ地獄のようなので、断念し、北鎌倉から港南台まで歩いてきた。 天気が良くて、ところどころ、海や富士山を見ながら13キロほどを平たんな感じでずっと歩く感じでした。タイワンリスがいっぱい見られます。 植物と…

海の仙人 (新潮文庫) 作者: 絲山秋子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2006/12/22 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 30回 この商品を含むブログ (166件) を見る シリアスな話をあんまりシリアスに書かずに、変な登場人物で適当に混ぜ混ぜして感じよくし…

旬な食卓

今日の晩御飯は マカロニサラダ、メヒカリの唐揚げ、生わかめの味噌汁 旬のものを食べるの楽しいね。

奥様にもうれしいズボン

今日、夫のズボンを買いに行った。 試着室の外で夫を待っている間、店員さんが話しかけてきて、 「これ、奥様にもとてもうれしいズボンなんです。」という。 「これ、洗濯のあと、ノーアイロンなんです。」(きっぱり) 今時、こういうことをいう人は珍しい…

万寿子さんの庭

万寿子さんの庭〔文庫〕 (小学館文庫) 作者: 黒野伸一 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2009/10/06 メディア: 文庫 クリック: 15回 この商品を含むブログ (19件) を見る まあいろいろとご都合主義的でつっこみどころは満載ですが、仕事で疲れて帰ってきて、…

エレベーターのボタン

エレベーターの開閉ボタンが苦手だ。 なぜならいつも間違えるから。どう間違えるかというと、たいてい開こうとして閉めてしまい、罪もない見ず知らずの人をはさみそうになってしまう。元来おせっかいの気があり、急いで乗ろうとする人を見ると、つい自分が苦…

ぜんざいを炊いた

久しぶりにおぜんざいを炊いた。おいしかった。 職場の学校で味噌をつくるのに大豆を煮ることになりました。そのため、ひよどり家の圧力鍋を担任の先生にお貸ししたわけです。 すると煮るときに、大豆を結構入れてしまい、しかも強火で圧力をかけてしまい、…

大雪

我が家の前は28センチ。

横瀬二子山と芦ヶ久保の氷柱とずりあげうどんを楽しむ冬の1日

10時前ぐらいのゆっくり出発でいざ、二子山に出発。 この登山道はずっと沢沿いの道を上がっていくのがとても感じがよいです。今日は冬枯れの林。沢沿いが新緑を迎えるころはどんな風景なんだろうと思うだけで癒されます。 二子山雌岳の直前にずるずるに滑る…

沖で待つ

沖で待つ (文春文庫) 作者: 絲山秋子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2009/02/01 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (59件) を見る 先日よんだ「こころの科学」に発達障害当事者として寄稿していた文章が面白かったので、夫…

今年ののぼりはじめ 聖峰、高取山、念仏山、弘法山、権現山、浅間山の6山

今年はゆる山から入ります。いつものメンバー+小学3年生のお子さん。 比々多神社で初もうでをした後、聖峰に入ります。比々多神社近くからは今日のぼる聖峰も高取山も見えます。 まあつらつらのんびり山里をへてあっという間に聖峰。 房総半島、伊豆方面、…

ちゃんちゃら

ちゃんちゃら (講談社文庫) 作者: 朝井まかて 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/01/15 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 箱根駅伝見ながら読んだ。 この人の本は天狗党の話で一回読んでいて、幕末のなんたるかをまったくわかっていない私…

三溪園に包丁式を見に行ってきた。

古式ゆかしき包丁式なるものをお正月の三溪園でやると聞いて行ってきた。 平安時代から始まった天皇様を喜ばせるためにおはしと包丁だけで鯛を捌くというものらしい。 20分前ぐらいについたらまだがらがらで、ああ、知られていないんだなと思っていたら後か…

こころの科学 197 特別企画:教師のSOSーメンタルヘルスを守る・支える 作者: 宮岡等,青木省三 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2017/12/25 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 私的にはなんてタイムリーな話題なんでしょうかね。 教師のメン…

1年のおわり

なんだかいろいろあった。 一番大きかったのは浪人生なのに受験に不本意な結果となった息子のこと。 なんとか受かった大学にどうしてもいけないのだ。行こうと思うけどいけないらしい。体重も減り、人生に絶望し、生きていこうとする意欲がまったく感じられ…

今年の3冊

今年の3冊の日がやってきました。 なんとたった15冊しか読んでないじゃないですか。 まあそうは言ってもしょうがないのでやります。 1位 「夜行」 夜行 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/10/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ…

まなボード欲しい

あんまり有名ではないのかも。アマゾンでは手に入りません。 まなボードは基本的にはホワイトボードで、その上に透明シートが乗っているだけのシンプルなもの。 私が見たときは理科でグループで予想を話し合う時に班に1枚使わせていた。 これ、使える。 私は…

有頂天家族

有頂天家族 (幻冬舎文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2010/08/05 メディア: 文庫 購入: 14人 クリック: 516回 この商品を含むブログ (138件) を見る 前読んだときはあんまりおもしろくなかったように思えましたが、今回はとても面白…

ロールプレイングによるSST

聞くことが苦手な児童、また言葉の意味を理解するのが大変な児童がいる特別支援級でいろんなことを説明するためにやり始めたロールプレイングが思ったより好評で、今、道徳の時間にロールプレイングを取り入れたSSTをよくやっている。児童においては習ったこ…

ちょっと前の話、12月9日、紅葉最高の弘法山ハイキングコース

時期的に最高です。暖かい地域なので、ほかのところより遅くまで紅葉が楽しめます。 鶴巻温泉から吾妻山、善波峠、念仏山、弘法山、浅間山、秦野駅のお手軽コースですが、ずっとずっと森がきれい。 もう本当になんといいタイミングなのでしょう。 弘法山と浅…

図工 シャボン玉を使って

発音がかなり不明瞭な場合に口腔周辺の筋肉を鍛える目的でシャボン玉がよくつかわれます。 唇を突き出す動きに有効に思います。 で、それを図工教材にしてみました。ヒントは2年生のシャボン玉をぶくぶくして画用紙に落として模様をつける単元。 絵の具を入…

教員は趣味に生きよう。

一緒に仕事をしている教員の中でとにかく体を動かすのが好きな人がいる。若くはないけど、いろんなスポーツをこなせる非常に運動神経のいい人だ。 体育の授業の時は彼はいつもにこにこしていて、子どももにこにこしていて楽しく体を動かしているんだな。 あ…

体調不良

慢性的な肩こりがひどくなって首が痛くなり、夜中、寝返りを打つたびに激痛で目が覚めるのが1週間、それに伴って頭痛、目の奥の痛みが3週間。 ハードな登山をして、回復傾向になったかと思えば、今度はめったに経験したことのない腰痛とすねの痛み、耳鳴り…

塔ノ岳紅葉

素晴らしい紅葉の大倉尾根登ってきました。なんかわからないけど、大倉尾根、好きなんですよね。人気ないけど。今年の紅葉登山は鍋割山と決めていたのに、また来ちゃいましたよ。今年も。 もうもみじがきれいすぎてどうしていいかわかりません。 昨年は紅葉…

交通調査

小学生の時にあこがれたものの一つに交通調査がある。街角にすわって道行く人を眺め、数を数えるかっこよさに強烈にひかれたものだ。 で、友達に一緒にやろうと誘うものの誰も乗ってこないので、一人で近所の橋のたもとと国道の歩道橋でやることにした。1週…

大山、混みすぎでしょう。

紅葉ハイキング。柏木林道から大山。柏木林道が2か所ぐらい崩れてて下りました。通るのには大丈夫でした。今日の春嶽沢は水が多く、気持ちがよかったです。表参道に入ると激混み。帰りは渋滞でした。 山肌の美しさが、写真ででない!!! うっとりするほどき…

忙しかった10月

宿泊の引率、校外の行事の引率を2,3こなし、かつ研究授業を軽く流し、足元の学習が進まず、残業も私にしては多くなり、 疲れ果ててビールが飲めなくなり、 疲れ果てて夕食が食べられなくなり、 このまま私は精神的にも肉体的にももつのだろうか、、、と心…

有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝 (幻冬舎文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/04/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (7件) を見る シリーズ2冊目。 1冊目があまり面白かった記憶がないのだけど、これは面白かった。もうこの本にも夜…

鍋割山に行ってきた。

久々に鍋割山に行ってきた。 夫と2人で行ってきた。 今日は曇っているが体がなまってしょうがないので、スカルパの靴を3か月以上ぶりにひっぱり出してきて、気が進まぬ中出発 渋沢でもどよんとした雰囲気。 でもまた森に入ればそこそこ気持ちの良いものだ。 …

家族旅行 2日目

朝、6時前にホテルを出発、車山の早朝営業リフトに乗車。 お天気ばっちり。 ですが、いつも通り、山頂直前で急にガスガス。] そして帰ろうとリフトに乗ったら晴れてくる。そういうものだよ、いつも。私は。 宿に戻って朝食バイキング。もうバクバク食べて、…