秩父札所めぐり 街中のお手軽入門めぐり

秩父札所めぐりというものがあることは10年以上前から知っていたのだが、秩父ってすごく遠いイメージがあって、無縁と思っていた。 しかし2時間半で行けることがわかり、日帰り可能じゃないですか。 で、行ってきました。 西武秩父駅から始めます。 初めは駅…

森崎書店の日々

森崎書店の日々 (小学館文庫) 作者: 八木沢里志 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2010/09/07 メディア: 文庫 クリック: 96回 この商品を含むブログ (48件) を見る すらっと読める。仕事が終わってリラックスしたい電車の中で読むにはもってこいの本だった。

梅雨の晴れ間、足柄峠からの金時山

金太郎の金時山。 林道の間は山法師やマルバウツギが満開で素晴らしい。 で、山道に入るとガマズミも満開。 他にもツクバネウツギ、コゴメウツギ、ごくたまに山つつじ。あとシモツケ、ナワシロいちごぐらいかな。 名前の知らないこんな花も見ました。(ミヤ…

5月12日 鍋割山に行った記録

久々の前の前の職場での鍋割山。気のあった3人で時々同じコースを歩いております。 このところ、疲れ切って週末を迎え、山にのぼってもしんどいだけでしたが、割と仕事が楽だったために久しぶりにすがすがしく登りました。 この時期ですからつつじロード!!…

小学校教員、働き方改革推進派な訳

朝、6時前に起きる。 家族の簡単な朝ごはんと娘のお弁当を作って、7時過ぎに家を出る。洗濯と後片付けは息子。 学校に7時45分過ぎについて、着替えて、私が帰った後におかれていた机の上に置いてある書類の処理をして、そんなことをしているとあっという間に…

まほろ駅前狂想曲

まほろ駅前狂騒曲 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/10/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (27件) を見る うん、予想通りよかった。

言語 コミュニケーション 読み書きに困難がある子どもの理解と支援

これは勤務している市の教育研究所みたいなところで借りてきた本ですが、とてもよかったので自分で買います。 もうのっけから参考になることばかりですが、 特にⅡ章のC 支援が専門的になればなるほど、子どもを社会から引き離しているのではないかと常々気に…

まほろ駅前番外地

まほろ駅前番外地 (文春文庫) 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/10/10 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (43件) を見る まほろ駅多田便利軒を読んだのは、いつだったか忘れたけど、良い印象だったので…

4月29日 千葉に行ってきた。

渋滞覚悟の千葉ドライブ。10時出発。。 アクアラインさえ、満足に渡れず、金谷のばんやについたのは出発から4時間後。新館はもう営業を終わっていたので、旧館に行っても1時間以上は待つとのことで、隣の道の駅へ。 すると隣の道の駅も食べ物関係、営業終了…

ゆる山 石老山 4月30日

1年ぶりの石老山。今日はゆる山特別小学生ゲストが隊長を務めます。 隊長、初めから飛ばします。ママがたしなめますが、なんのその。 そして下山ぐらいからぐずぐずしだします。 あまりのお約束ぶりに笑ってしまいました。 小学生と一緒に行くと、目線が大人…

恒例、1年よく頑張ったから年度末の平日にミツマタを見に大山に行く

消耗戦のような仕事の仕方を初めて早3年。さすがに今年は疲労が蓄積し、もうどうしようもなくなってきた。これでご褒美山にいけなかったら何のために働いていたのか、と思うと思って、春休みというのにものすごい集中力で仕事をし、休日確保。 朝からすごく…

君の膵臓を食べたい

君の膵臓をたべたい (双葉文庫) 作者: 住野よる 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2017/04/27 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (16件) を見る ちょっと読んではみたものの、ワタクシのような中高年が読むのが気恥ずかしく、そんなことを飲み会でお話し…

数の合成

覚書 ボーリングで数の合成の教材つくりができるな。

はなねこのめの季節が来た、高尾山に行ってきた。

今日は卒業式の代休の平日休み。行きましょう、普段人ごみの高尾山。 この時期、当然6号路 ハナネコノメ ヨゴレネコノメ アブラチャンかダンコウバイのどちらかかな。 お昼前から登ったせいもあって全然人が少なくて快適でした。 スミレや馬酔木、ミヤマシキ…

天皇の料理番

天皇の料理番 (下) (集英社文庫) 作者: 杉森久英 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/03/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る 天皇の料理番 (上) (集英社文庫) 作者: 杉森久英 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/03/20 メディア: 文…

先週、大山行きました。

3月3日のひな祭りの日に大山行ってきました。 なんだか最近体力ないし、疲れやすいのでせいぜいケーブル使わない王道コースぐらいしかいけません。 女坂をあがり、下社からは人ごみを避けてかごや道から上がります。かごや道は全然人と会わず、すれ違ったの…

ちょっと長い散歩 天園ハイキングコースとビートルズトレイル

なんだか、行こうと思っていた山々がぬかるみ地獄のようなので、断念し、北鎌倉から港南台まで歩いてきた。 天気が良くて、ところどころ、海や富士山を見ながら13キロほどを平たんな感じでずっと歩く感じでした。タイワンリスがいっぱい見られます。 植物と…

海の仙人

海の仙人 (新潮文庫) 作者: 絲山秋子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2006/12/22 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 30回 この商品を含むブログ (166件) を見る シリアスな話をあんまりシリアスに書かずに、変な登場人物で適当に混ぜ混ぜして感じよくし…

旬な食卓

今日の晩御飯は マカロニサラダ、メヒカリの唐揚げ、生わかめの味噌汁 旬のものを食べるの楽しいね。

奥様にもうれしいズボン

今日、夫のズボンを買いに行った。 試着室の外で夫を待っている間、店員さんが話しかけてきて、 「これ、奥様にもとてもうれしいズボンなんです。」という。 「これ、洗濯のあと、ノーアイロンなんです。」(きっぱり) 今時、こういうことをいう人は珍しい…

万寿子さんの庭

万寿子さんの庭〔文庫〕 (小学館文庫) 作者: 黒野伸一 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2009/10/06 メディア: 文庫 クリック: 15回 この商品を含むブログ (19件) を見る まあいろいろとご都合主義的でつっこみどころは満載ですが、仕事で疲れて帰ってきて、…

エレベーターのボタン

エレベーターの開閉ボタンが苦手だ。 なぜならいつも間違えるから。どう間違えるかというと、たいてい開こうとして閉めてしまい、罪もない見ず知らずの人をはさみそうになってしまう。元来おせっかいの気があり、急いで乗ろうとする人を見ると、つい自分が苦…

ぜんざいを炊いた

久しぶりにおぜんざいを炊いた。おいしかった。 職場の学校で味噌をつくるのに大豆を煮ることになりました。そのため、ひよどり家の圧力鍋を担任の先生にお貸ししたわけです。 すると煮るときに、大豆を結構入れてしまい、しかも強火で圧力をかけてしまい、…

大雪

我が家の前は28センチ。

横瀬二子山と芦ヶ久保の氷柱とずりあげうどんを楽しむ冬の1日

10時前ぐらいのゆっくり出発でいざ、二子山に出発。 この登山道はずっと沢沿いの道を上がっていくのがとても感じがよいです。今日は冬枯れの林。沢沿いが新緑を迎えるころはどんな風景なんだろうと思うだけで癒されます。 二子山雌岳の直前にずるずるに滑る…

沖で待つ

沖で待つ (文春文庫) 作者: 絲山秋子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2009/02/01 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (59件) を見る 先日よんだ「こころの科学」に発達障害当事者として寄稿していた文章が面白かったので、夫…

今年ののぼりはじめ 聖峰、高取山、念仏山、弘法山、権現山、浅間山の6山

今年はゆる山から入ります。いつものメンバー+小学3年生のお子さん。 比々多神社で初もうでをした後、聖峰に入ります。比々多神社近くからは今日のぼる聖峰も高取山も見えます。 まあつらつらのんびり山里をへてあっという間に聖峰。 房総半島、伊豆方面、…

ちゃんちゃら

ちゃんちゃら (講談社文庫) 作者: 朝井まかて 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/01/15 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 箱根駅伝見ながら読んだ。 この人の本は天狗党の話で一回読んでいて、幕末のなんたるかをまったくわかっていない私…

三溪園に包丁式を見に行ってきた。

古式ゆかしき包丁式なるものをお正月の三溪園でやると聞いて行ってきた。 平安時代から始まった天皇様を喜ばせるためにおはしと包丁だけで鯛を捌くというものらしい。 20分前ぐらいについたらまだがらがらで、ああ、知られていないんだなと思っていたら後か…

こころの科学 197 特別企画:教師のSOSーメンタルヘルスを守る・支える 作者: 宮岡等,青木省三 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2017/12/25 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 私的にはなんてタイムリーな話題なんでしょうかね。 教師のメン…