発達支援と教材教具Ⅱ

発達支援と教材教具 II (子どもに学ぶ行動の理由) 作者: 立松英子 出版社/メーカー: ジアース教育新社 発売日: 2011/03/01 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る できないことをできるようにするための課題ではなくて、やることで満足…

小下沢からの景信山

三連休の中日で三連休今日しか晴れませんとなると、当然山はどこも大賑わい。 ということで人ごみを避けて小下沢から登ります。 最近、雨多いよね。 ってことでここは道です。 まるで棒の嶺。 もうすっかり秋の花ばかり。 何かな、これ カシワバハグマ ジャ…

それを愛と間違えるから

それを愛とまちがえるから 作者: 井上荒野 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2013/01/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 女性ってしたたか。

山中湖ドライブ

連休中日、山中湖ドライブ行ってまいりました。 目的は石割神社。夫があまりにも手が荒れて爪まではがれてきたので、神頼みという名のドライブ。 御殿場インターから須走から後が混むというので、一つ手前の大井松田インターから平野に回り込みます。山越え…

何者

【Amazon.co.jp限定】 何者 (特典:新潮文庫の100冊キュンタ 壁紙ダウンロード) 作者: 朝井リョウ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/06/26 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (24件) を見る 浅井リョウは桐島の方で挫折していたので、どうかなと思っ…

青春18きっぷを使って、横浜から宇都宮まで日帰り旅行

隣の家も青春18きっぷを余らせているというので、使わせてもらって行ってきました。 もうたった3時間弱で行けるなんて、宇都宮って意外と近い。横浜から乗り換えなしも魅力です。 出勤する時間より遅いぐらいに出発しても、宇都宮に11時前。餃子で有名…

夏休み終わり

2週間ぶりに出勤。教師の働き方改革の波に乗り、閉庁をするようになった恩恵で長期休暇。 まあでも家で指導案と教材研究に格闘していましたけど。 でもいいの。 今日、初めて、リーリーリーと秋の虫の声が聞こえました。 終わりだな。 同時今年は暑さのため…

博士と彼女のセオリー

DVD

博士と彼女のセオリー [DVD] 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 発売日: 2016/02/03 メディア: DVD この商品を含むブログ (8件) を見る なんか面白かったけど、まあ貞節のない、、、なんか意外とむちゃくちゃな話だったな。 奥…

青春18きっぷで 横浜から大阪まで行ってきた。

この年になってやるとは、、、 まず熱海に行く電車の中で、急病人が発生。10分遅延。乗り換えがタイトな状態に。 熱海駅でトイレに行きたかったので、後続の列車を1本遅らせて乗ることにしたら、これが正解で、興津行に余裕で座れました。 熱海行は1本早…

霧ケ峰は素敵なところだ。

霧ケ峰で散歩して、ソフトクリームを食べる幸せ。 ソフトは生乳ソフト。 池のくるみに行きたかったけど、駐車場がわからなくて、通り過ぎてしまいました。 諏訪から車でちょっと行っただけでこの風景だもん。たまりません。

人のセックスを笑うな

人のセックスを笑うな (河出文庫) 作者: 山崎ナオコーラ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2006/10/05 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 130回 この商品を含むブログ (306件) を見る まあな淡々としてね。すぐ読める。

娘と夫と木曽駒ヶ岳 ちょっと届かず中岳まで、きれいすぎる千畳敷カール           8月3日

夫、娘、私の3人登山。目的は木曽駒でしたが、 なんとバス酔いした娘がバスを降りるときにステップでマットにつまずいて腕から落下&転倒。軽くひじのねん挫とひざや手首の打撲で痛みでさらに脳貧血度をました娘がロープウエイでショックのあまり、過呼吸気…

はなとゆめ

はなとゆめ (角川文庫) 作者: 冲方丁 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/07/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る 久しぶりの歴史小説。清少納言ってこんな生活してたんやあ、また枕草子読んでみたいなと思わせる。 高校生の…

7月22日 夏の遠足 思い切ってタクシー使うぞ、大菩薩峠

昨年、長いと思っていた夏休みも気が付いたら、結構忙しくて、山に行けなかったので、ガツンと休みと同時に行ってくることにした。 甲斐大和から40分ほど、タクシーで移動。(6800円でした。) 目指すは上日川峠。はきそう。運転手さんがいろいろ話しかけて…

世界一ありふれた答え

世界一ありふれた答え 作者: 谷川直子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/10/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る まじでありふれていてびっくりした。

極端な偏食の子ども

もう白いご飯とポテトしか食べられないとかの極端な偏食の子どもって多いと思うのですが、皆さんどうしてるのだろうか。 一つの方法として、舌で押し出されるのを防ぐように、上あごの下に向かってスプーンを入れるというのがあるそうだ。これは試してみる価…

やばい

DVD

最近映画とか全然見ていないよ。

小さな言語学者の冒険

ちいさい言語学者の冒険――子どもに学ぶことばの秘密 (岩波科学ライブラリー) 作者: 広瀬友紀 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/03/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (11件) を見る 子どもの言葉ってめっちゃ面白いんですけ…

ハダカデバネズミ

ハダカデバネズミ―女王・兵隊・ふとん係 (岩波科学ライブラリー 生きもの) 作者: 吉田重人,岡ノ谷一夫 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2008/11/06 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 60回 この商品を含むブログ (24件) を見る へんなの。女王様が威…

秩父札所めぐり 街中のお手軽入門めぐり

秩父札所めぐりというものがあることは10年以上前から知っていたのだが、秩父ってすごく遠いイメージがあって、無縁と思っていた。 しかし2時間半で行けることがわかり、日帰り可能じゃないですか。 で、行ってきました。 西武秩父駅から始めます。 初めは駅…

森崎書店の日々

森崎書店の日々 (小学館文庫) 作者: 八木沢里志 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2010/09/07 メディア: 文庫 クリック: 96回 この商品を含むブログ (48件) を見る すらっと読める。仕事が終わってリラックスしたい電車の中で読むにはもってこいの本だった。

梅雨の晴れ間、足柄峠からの金時山

金太郎の金時山。 林道の間は山法師やマルバウツギが満開で素晴らしい。 で、山道に入るとガマズミも満開。 他にもツクバネウツギ、コゴメウツギ、ごくたまに山つつじ。あとシモツケ、ナワシロいちごぐらいかな。 名前の知らないこんな花も見ました。(ミヤ…

5月12日 鍋割山に行った記録

久々の前の前の職場での鍋割山。気のあった3人で時々同じコースを歩いております。 このところ、疲れ切って週末を迎え、山にのぼってもしんどいだけでしたが、割と仕事が楽だったために久しぶりにすがすがしく登りました。 この時期ですからつつじロード!!…

小学校教員、働き方改革推進派な訳

朝、6時前に起きる。 家族の簡単な朝ごはんと娘のお弁当を作って、7時過ぎに家を出る。洗濯と後片付けは息子。 学校に7時45分過ぎについて、着替えて、私が帰った後におかれていた机の上に置いてある書類の処理をして、そんなことをしているとあっという間に…

まほろ駅前狂想曲

まほろ駅前狂騒曲 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/10/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (27件) を見る うん、予想通りよかった。

言語 コミュニケーション 読み書きに困難がある子どもの理解と支援

これは勤務している市の教育研究所みたいなところで借りてきた本ですが、とてもよかったので自分で買います。 もうのっけから参考になることばかりですが、 特にⅡ章のC 支援が専門的になればなるほど、子どもを社会から引き離しているのではないかと常々気に…

まほろ駅前番外地

まほろ駅前番外地 (文春文庫) 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/10/10 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (43件) を見る まほろ駅多田便利軒を読んだのは、いつだったか忘れたけど、良い印象だったので…

4月29日 千葉に行ってきた。

渋滞覚悟の千葉ドライブ。10時出発。。 アクアラインさえ、満足に渡れず、金谷のばんやについたのは出発から4時間後。新館はもう営業を終わっていたので、旧館に行っても1時間以上は待つとのことで、隣の道の駅へ。 すると隣の道の駅も食べ物関係、営業終了…

ゆる山 石老山 4月30日

1年ぶりの石老山。今日はゆる山特別小学生ゲストが隊長を務めます。 隊長、初めから飛ばします。ママがたしなめますが、なんのその。 そして下山ぐらいからぐずぐずしだします。 あまりのお約束ぶりに笑ってしまいました。 小学生と一緒に行くと、目線が大人…

恒例、1年よく頑張ったから年度末の平日にミツマタを見に大山に行く

消耗戦のような仕事の仕方を初めて早3年。さすがに今年は疲労が蓄積し、もうどうしようもなくなってきた。これでご褒美山にいけなかったら何のために働いていたのか、と思うと思って、春休みというのにものすごい集中力で仕事をし、休日確保。 朝からすごく…