読書 

明日の子供たち

なかなか有川さんらしい優しいお話でした。

苦役列車

お楽しみの読書なんてしている場合ではないんですけど、、、、 これ、すごく面白くてやめられませんでした。 この人の言葉の使い方、漢字の使い方がすてきだなと。

ことばでつまずく子どもたち

すぐ読めるし、なかなか面白かった。個別級にいる人にはいい本だな。 学生さんでも大丈夫。ただ愛情とかに関して言いすぎ。

今年の3冊

今年は読書無理かな〜〜〜〜と思っていましたがなんと29冊。勉強の本も入れてだけどね。フルタイムで働きながらだから、まあまあ読めた方かな。1位 県庁おもてなし課 こういうのドラマっぽくて面白い。 2位 でっち上げ いやもう怖くて怖くて。身近にありそう…

昨夜のカレー、明日のパン

[asin:B00DFT1AOS:image] 本屋大賞2位だって。なんか「死」というものが、日常に入り込んで、それに付き合いながら生きているのが生活なんだと思う。それを痛感させられる1冊。読むのしんどい。

行為障害

訳に問題があるのか、原著に問題があるのか、、、独特の読みにくい言い回しを乗り越え読了。行為障害を周りの環境も含めて、徹底的に応用行動分析の手法で克服させていく方法を書いてある。かなりの人手と時間をかけているわけで、これだけかけていくなら別…

村上海賊の娘

面白かったけど、えぐいシーンも多く、昨日寝る前に読了したため、変な夢ばかり見てしまった。

銀翼のイカロス

痛快。初めは日航のことかなと思って山崎豊子先生みたいな話かと思いましたが全然違いました。久々に夢中になって読んでしまい、家事が進みません。やばい。

臨床心理学 学校教育と発達障害

この雑誌、2回ぐらいしか買ったことがないけど、あんまりいい印象がなかったのですが、これは使える。自分的半永久保存版にしよう。

こころの科学

こういうの読んどかないとね。

督促OLの修行日記

なんだか漫画みたいで一気読み。面白かった。

山女日記

予想通り、もも、おしり、背中の筋肉痛に苦しんでおります。 さて 山と渓谷に連載されていたらしい。架空の話とはいえ、初めての登山に妙高、火打の縦走を初心者だけでやらせるとは、この雑誌、なかなかやるな。まあ湊かなえはおどろおどろしい話の方がうま…

なんか読みやすいからすらすら読んでたけど、さっぱり わからない感じ。

死神の精度

死神の精度作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2005/06/28メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 148回この商品を含むブログ (657件) を見る続編から読んでしまったけど、 別に問題なくこちらも楽しめました。別荘の話が一番…

ねこねこ日本史

ねこねこ日本史 (コンペイトウ書房)作者: そにしけんじ出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2014/08/07メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (7件) を見る傑作です。

今昔物語

今昔物語(上)―マンガ日本の古典 (8) 中公文庫作者: 水木しげる出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 1999/11/01メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 12回この商品を含むブログ (9件) を見る今昔物語(下)―マンガ日本の古典 (9) 中公文庫作者: 水木しげる出版…

でっちあげ

同業者として他人事とは思えない。こわいよ〜〜〜〜。 この本は席が隣の同僚が机を整理していた時に出てきて、ぜひにと勧められた本です。

春を背負って

春を背負って (文春文庫)作者: 笹本稜平出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/03/07メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る山に行けないから、こんな本でも読んでみました。余計、行きたくなって本自体はいまいち。ありきたりな感じでした。

翔ぶ少女

傑作だわ、これ。あんまり知られてないけど。

広汎性発達障害児への応用行動分析

広汎性発達障害児への応用行動分析(フリーオペラント法)作者: 佐久間徹出版社/メーカー: 二瓶社発売日: 2013/07メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見るほんと、言いたい放題の本で、真摯に勉強しようとした私にはちょっと困ってしまうような本。…

快挙

快挙作者: 白石一文出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (18件) を見るいいねえ、この話。白石一文もなんかだんだんとかたくなさが取れてきた感じで好きになってきた。 最後の診察室でのエピソードがたまらん。

七つの会議

七つの会議作者: 池井戸潤出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2012/11/01メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 4回この商品を含むブログ (32件) を見るどこぞの世界も大変やな〜〜〜 私は周りの人間関係になぜか恵まれ、のほほんと仕事をし…

恋歌

恋歌作者: 朝井まかて出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/08/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (28件) を見るなんだか歴史に弱いため、状況を把握したら次、また状況を把握しないといけないこととなって、のくりかえしでなんだかよくわからなかった…

ロスジェネの逆襲

ロスジェネの逆襲作者: 池井戸潤出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2012/06/28メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 5回この商品を含むブログ (73件) を見るさすがに3冊続けて読んだら、飽きてきた。

オレたち、花のバブル組

オレたち花のバブル組作者: 池井戸潤出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/08/02メディア: Kindle版この商品を含むブログ (8件) を見る面白くてすぐに続編を読んでしまった。 これもまたいい感じだ。倍返しの言葉もうまく使えるようになりそうだが、はやり…

オレたちバブル入行組

オレたちバブル入行組 (文春文庫)作者: 池井戸 潤出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2007/12/06メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 186回この商品を含むブログ (121件) を見るドラマの半沢君を見なかったので倍返しの使用法もよくわからなかったので、小説を…

おかえり5年ぶりの生協の白石さん

おかえり。5ねんぶりの生協の白石さん作者: 白石昌則出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2011/03/14メディア: 単行本 クリック: 25回この商品を含むブログ (5件) を見るああ、白石さんみたいな言葉を好きなようにもてあそべるようになりたいものです。

あつあつを召し上がれ

あつあつを召し上がれ作者: 小川糸出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 50回この商品を含むブログ (13件) を見る食べ物ネタにはめっぽう弱くて読んでしまった。 小川糸、がんばれ!! パリの話が好き。。

珈琲店タレーランの事件簿

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者: 岡崎琢磨出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2012/08/04メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 234回この商品を含むブログ (67件) を見る観察を中心と…

八月の路上に捨てる

八月の路上に捨てる (文春文庫)作者: 伊藤たかみ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/08/04メディア: 文庫 クリック: 10回この商品を含むブログ (21件) を見るこういうの大好き。すごいヒットです。2つ目の話なんか本当しばらく幸せな気持ちが続きました。

爪と目

爪と目作者: 藤野可織出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/07/26メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (37件) を見る芥川賞とったやつのほか2編。 最後のちびっこ広場がよくある話をシンプルにまとめていて 一番よかった。

インフェルノ

インフェルノ (上) (海外文学)作者: ダン・ブラウン,越前敏弥出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2013/11/28メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (36件) を見るインフェルノ (下) (海外文学)作者: ダン・ブラウン,越前敏弥出版社/メーカー: 角川書店…

県庁おもてなし課

県庁おもてなし課作者: 有川浩出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2011/03/29メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 220回この商品を含むブログ (164件) を見るこういう仕事もやってみたかった私には面白い話だったけど、漫画にし…

永遠の0

永遠の0 (講談社文庫)作者: 百田尚樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/07/15メディア: 文庫購入: 39人 クリック: 275回この商品を含むブログ (365件) を見るいや涙なしには読めませんわよ。ただし終盤に入るまでは我慢比べの感あり。

間違いだらけの「発達障害」

誤解だらけの「発達障害」 (新潮新書)作者: 河野俊一出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見るきちんと厳しく身につけていこうとする方法で成果を挙げているらしい。賛同します。 ただほんまにそんなうまく…

今年の3冊

今年は特別支援学校教員資格認定試験の勉強のため5ヶ月間、読書を封印。 (でも読んじゃったけど。)まあそのなかから、 1位 聖なる怠け者の冒険 森見登美彦 新聞連載から結構変わっていてどっちもよかった。 2位 そうだったのか中国 池上彰 面白かったの…

色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/04/12メディア: ハードカバー クリック: 3,074回この商品を含むブログ (337件) を見る題名、覚えられへんがな。 1Q84を読んだときは、もう村上作品で強く私…

死神の浮力

死神の浮力作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/07/30メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (49件) を見るやっちまった、、またシリーズの2作目から読んでしまった。 たまたま市民図書で伊坂氏の本を見つけ、息子の為に借りてきた…

7人の敵がいる

七人の敵がいる作者: 加納朋子出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/06/25メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 3人 クリック: 69回この商品を含むブログ (43件) を見るテレビドラマみたいな話だなあと思いながら読んでいたら、 もうすでにドラマ化されて…

ホテルローヤル

ホテルローヤル作者: 桜木紫乃出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/01/04メディア: ハードカバー購入: 2人 クリック: 3回この商品を含むブログを見る直木賞をとった作品なのですが、まるで芥川賞のような後味の本でした。あっという間に読めます。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)作者: 辻村深月出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/04/13メディア: 文庫 クリック: 9回この商品を含むブログ (20件) を見るこの人、初めて読んだけどなかなか良かったです。 お母さん嫌いな人って意外と多いな。

さよなら渓谷

さよなら渓谷作者: 吉田修一出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/06メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 31回この商品を含むブログ (83件) を見る生きていくってしんどいな。人生何度でもやり直せる、、 そんなことはやっぱり簡単ではないのだ、、、でも人…

無理 奥田英朗

無理作者: 奥田英朗出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/09/29メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 43回この商品を含むブログ (72件) を見る分厚い本でしたが、家の陽だまりで一気読み。 なんかすとんとすべて片付いて(?)よかったよかった。

風待ちの人

風待ちのひと作者: 伊吹有喜出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2009/06/19メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (10件) を見るなかなかいい話。グールドのハミングのこと、知ってたので、小説中で種明かしする前からもう心がキュン…

激流

激流〈上〉 (徳間文庫)作者: 柴田よしき出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2009/03/06メディア: 文庫 クリック: 12回この商品を含むブログ (33件) を見る激流〈下〉 (徳間文庫)作者: 柴田よしき出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2009/03/06メディア: 文庫購…

小暮荘物語

まあ楽しめましたがもうちょっとパンチが欲しい。読んでる場合じゃないんですけどね。

聖なる怠け者の冒険

テストが終わったらその日のうちに買って読むことを楽しみにしていた本。これは新聞連載されていたのを大幅に書き直して単行本にしたもの。なんか森見氏、これで終わってしまいそうな。 先日、久々に京都に行って、スマート珈琲の前のはんこ屋サンに行ったり…

幸福のくびき

http://www.gentosha.co.jp/book/b3297.htmlこんな本。実はこれ、息子が借りてきたのを、フラッと手に取ると面白くて、一気に最後まで。試験の1週間前と言うのに。飢えてたんだね、読書。清水義範がこんな本書くんだね〜〜。 よくできたミステリーでした。

本を読んだ

塔の岳の思い出だけで生きている日々。そんな生活に喝を入れようと勉強しようとしているものの参考書しか見ていないので 本を読んで勉強も良いか、、、ということで この本、ミネルヴァ書房なんだよね。京都の出版社で関西ではここの本ばっかりだったけど、…

終電車ならとっくに行ってしまった

まったくフジモトマサルはどうして、こう、サイコーなのか。