誰か

誰か―Somebody (文春文庫)
面白かった。いろいろと広がった話をすべておさめていくのはすごい。
先日、おさめられなかった話を読んだばかりなので、。

杉村君の葛藤が適度に暗さを醸し出していてよいと思いました。