連休、人ごみを避けて中央線沿いへ、高畑山と倉岳山

 

先ず登山口から入れば、何気に貯水池に映る新緑にいきなり気持ちが燃え上がる今日の始まり。

 

しばらくは木漏れ日の美しい沢沿いの道を上がります。もう新緑に埋もれてしまいそうな自分。この迫力にはまいります。

スマホカメラでは伝わりませんよね。高畑山の手前では急なのぼりもあったのですが、新緑に包まれた尾根道があまりにもきれいで、見とれている間にあっという間に高畑山山頂。11時も過ぎていましたが、

まだ富士山が見えます。

ここでお昼を食べてエネルギーチャージ。子どもの日だからと一緒に登った人が柏餅をくれました。

途中でフデリンドウ発見。ちょっとこのフデリンドウったら器量よし。

花はあんまりなくて、山つつじぐらいかな。でもまだつぼみが多かったので、また見に来なくっちゃね。

また新緑の美しさに夢心地で歩いていたら、またあっという間に倉岳山

 

ここもまだ富士山みえました。この山頂標識にQRコードがあって、読み取る富士山のご褒美写真がもらえます。

そしてしばらく行くと、また沢沿いの道。

しょっちゅう沢を横切って歩きます。なんだか道がよくわからないところがあって心配でしたが、岩に描かれたペンキとかを見落とさないようにいけば何とかなりました。

 

こちらの沢の方が、水が多くて、音が素敵です。この辺、すごく青葉が地面に落ちていましたが、もしかして昨日の雹のせいでしょうか。

 

ヤマガラコゲラの姿を見ながら、たくさんの鳥の声を聴きながら軽快に歩きます。

 

ご機嫌で下りてきて、梁川でゴール。またまた無人駅です。

 

今日も安全に登山できたことに感謝です。

森がきれいだよ、大野山

5月2日に大野山に行ってきました。夫とゆる山メンバーの一人と私というまあなんだか変な取り合わせでしたが。

 

谷峨駅は無人駅なので、切符は車掌さんが回収するのですが、

まさかの御殿場線こみこみで、回収に10分かかり、電車の出発が遅れ、単線のため、対向の電車も遅れていました。恐るべし、10連休。

 

山は意外とすいていて、雨上がりの新緑が気持ちいいです。

 

まあ、これが最後の日差しなのだな。

山頂近くになってくると、濃霧。こんな天気なのに、山頂はすごい人でした。寒くて、おにぎりだけ食べて、夫の持ってきたワインを一気飲みして、すぐ下山。

 

この山は本当に新緑がきれいなコースですが、雷もなるかもと思うとダッシュで下りざるを得ません。

 

なんだかわからないうちに下りてきましたよ。

 

それでも楽しい緩い山。

 

 

 

 

 

パラレル

 

 

パラレル (文春文庫)

パラレル (文春文庫)

 

 これは面白い。

今の生活と2年前の生活と学生時代を同時に書いてある小説。

なぜ今があるのか、をいちいち想像する楽しみ。しかも出てくる人みんなやさしい人。

半蔵門から神保町までお花見散歩

 

 

桜の開花宣言からもう2週間もたつというのに、まだ満開。2週間週末が連続でお花見日和なんて、今年だけかな。

 

東京の桜は横浜よりちょっと進んでいる。花びらが落ちかけているけど、ぎりぎり満開。

千鳥ヶ淵行ってきました。

 

 

さくらを愛でている人たちを見ると平和でいいなあと思い、幸せになります。桜もきれいだけど、菜の花もきれいでいい香り。

初めて、靖国神社に行ってみた。重い歴史を背負い、いろんな思想があり、非常にデリケートな場所ですが、今日はただの花見会場。屋台まで出ていて、しかもここの桜は今日が一番きれいに咲いていて、皆さん笑顔です。もう突き上げるほどの平和な光景です。軍歌をうたっていたグループも今日は花見で楽しそうです。

 

若いころは夫とここでボート遊びしたよね。

お昼を食べようと思ったところ、どの店も結構混んでたので、すいているというだけで選ばれたラーメン屋で担担麺。これが激ウマ。なんかいい日だからいいことがあるよね。

 

そのあと神保町の三省堂で教育書フェアで、本を6000円分購入。もっと欲しい本があったけど、帰ってきた。神保町も1日かけてゆっくり行きたいところですね。

東京では好きな町の一つです。

 

春の楽しくて平和な桜の咲いている週末が終わりました。

今年は慣れない仕事をすることになり、不安で押しつぶされそうでした。

今日のおだやかな日1日が、とても癒されて大事な1日となりました。

あたらしい一歩を踏み出す、そういう気持ちになった素敵な1日でした。

 

さあ明日も子どもたちの話をたくさん聞いて、たくさん笑おう。