これはこれでいいんじゃない? 今日は卒業式

コロナ騒ぎの中、勤め先で卒業式があった。

このご時世の標準仕様である、在校生も保護者も来賓もおらず、式も短く、練習もしていない式である。せっかくの門出にどうなんだろうかと、いつものようにやってあげられなかった思いを持ちながら本日を迎えたわけだけど、

 

結論から言うととても良い式だったんですね。私は6年の担任ではないけど、もう感動しましたよ。

 

式の始まりはあんまり緊張しないでリラックスして入場してきたんだけど、それもとてもかわいくて。

みんな席に着くと、練習していないから、歩く位置や順序は先生の先導。またこの先生の先導が素晴らしく、笑顔でほぼ小さな合図だけで静かに子どもを導いていく。ちゃんとその合図を見逃すまいと真剣な子ども。そして証書は、お作法も教えたわけではないから、自分の知っている範囲で精いっぱい敬意を表して、緊張して立派に受け取ろうとする。何回も練習しているわけではない、一発勝負の緊張感の中で、友達に対しても頑張ってとエールを送る気持ちがあるのか、まさかの集中したピリッとした非常に厳粛なムードであったのです。

そのあと、教師と子供が向かい合い、

歌もちょっとだけ練習したものを思い出しながら歌い、そして教師からも歌を送って、最後はみんなで指揮者を向いてみんなで合唱。

いつもは脇役の我々もちょっとでも誇らしい気持ちを持たせてやりたいと直接子供の顔を見て、子供に直接歌いかけて、語り掛けられた。

 

そして式が終わり、写真撮影はいつものやんちゃな顔に戻り、

もう、久しぶりに会えた友達に興奮して、ほんとなかなか静かにしないし、もう、写真屋さんをイライラさせてしまったんだけど、それもよい思い出かな。

 

今日は本当に暖かくて、厳粛で素敵な式だったのです。

「これはこれでいいんじゃない?」

この言葉は児童のほうから出てきた言葉。

 

卒業式を見られなかった保護者の皆さんには、残念でしたが児童たちはこの式できちんと前を見据えて、一つステップを上がれたように思いました。シンプルに子どもだけが主役の式でした。皆さんに感謝したりすることはできなかったけど、今日の節目を応援したかった方々に伝わればなあと思いました。

 

いつもと違う流れで急遽いろんな仕事をしたり、考えたり、緊張したりしたりして、そしてちゃんと送り出してあげられたから今日はぐっすり眠ろう。

6年生の先生、お疲れさまでした。

 

 

 

ボディメイクシートスタイル 

 

 教員であるひよどりは、この休校騒ぎを受けて、まさかのデスクワークにいそしむ日々である。

 

はっきり言って、デスクワーク苦手です。教員たるもの、みんなデスクワークは苦手なのですが、わたしの場合、ひどい肩こりがあるという切羽詰まった事情もありましてですね。

 

安倍首相が衝撃の発言をしたおかげて、デスクワークの日々が続くことが予想され、またマッサージ店が使えなくなるかもしれないと思って、アマゾンタイムセールで出ていたこともあって購入。

 

使い始めて2週間余りですが、これがよろしいんですのよ。

まず足を自然と組まなくなった。

 

これだけで、目の奥の痛みと肩こりからかなり解放されます。

老眼鏡を使わないと肩がこるとか言ってましたが、

 

今は使わなくてもかなり平気。

 

前は続けて2,3時間もデスクワークなどとてもできませんでしたが、今はOL(←死語)のように1日パソコンの前でも平気だもんね。

姿勢をよくすると体に良いことが成功体験となり、歩いているときもすっと背筋を上そうとしている。

 

もうおすすめ。

 

ちなみにベネフィットステーションで、もっとお安く出ていたのが痛恨の極み。

 

 

なんだったんだの下痢

金曜日、朝から軟便気味で、昼ぐらいに何回か水様便

土曜日は朝から下痢、、、がだんだんひどくなってきて、お茶を飲むだけで下痢、トイレから離れられない。

夕方には、38度近い熱も出てきた。

家族はもう私をコロナ扱いだ。咳も出てないけどマスクをつける。

 

 

しかしなんだか熱が出てきたころから、体は元気になり始めていた。

その後、下痢はほぼ止まり、日曜は、夜中に1回、翌朝に2回。

 

で、そろそろお昼にうどんを食べてみた。平気。

で、こわごわ晩御飯は納豆ご飯とお味噌汁とかぼちゃサラダを食べてみた。

 

全く平気。

 

治った。よかった。

 

こういう急激にくる胃腸症状っていつも急激に去っていくから不思議、ウイルスを出し切ったのかな。それともなにかアレルギー反応なのかな。

 

せっかくの休みを棒に振りました。

 

秋ぐらいからすごく調子が悪い日が多い。すぐに風邪をひいちゃうんだけど。

ただし学校を休んだり、早退したりするほどではないところがビミョー。

 

 

 

今年度の時間外労働時間とふりかえり

 

1年間のわたくしの時間外勤務

時間外 合計
4月 52 52
5月 53 105
6月 47 152
7月 38 190
8月 6 196
9月 53 249
10月 51 300
11月 44 344
12月 35

379

1月 26 405
2月 54 459
3月 2 461
平均 約38時間  

まさかのコロナ休校で時間外勤務をしないでも帰れてます。今週。

このままだとおそらく3月の時間外も大幅に増えることもないかと思います。

その分、4月に持ち越しているだけのような気がして怖いんですけど。

 9月は授業の公開があったので、(校内ですけど)多め。成績もあったし。10月は9月に忙しかったので、仕事をあとに回してしまったツケが回ってしまった

1月は体調が悪く、早く帰った日が多かったので、その分、2月にしわ寄せがきています。

 

まあ、なんだかんだといつも忙しいんだな。すごい反省。働き方改革も進んできて、手ごたえを感じつつもこれだからね。私がこの市の中で、平教諭としては

ごく平均的な働き方だと思います。主幹教諭は平均でもっと働く時間が長いのではと思います。

 

春休みのある4月も、大型連休のあった5月もガイドラインの45時間は超えているし、夏休みのある7月だって38時間ですからね。結構働きすぎたな。夏休みはうちの自治体は8月に2週間閉庁するので、ここはきちんと年休が取れています。

 

ここからは違う話。教師の研鑽の話です。法律上、研鑽はしなくてはいけなくて、勤務時間に繰り込まれているはずですが。

 

今年は、この間をぬって、今年は特別支援教員の資格を取りました。これに関しては、学校の勤務時間を一切使っていません。手続きなど、年休を取っていってますから。l

 

これだけ働いている中で、資格を取るのはとても大変でした。大体30時間の講義と3つのテストを受けました。私はこの取り組みをしている間はずっと体調が悪くて、風邪ひいているか、中耳炎になっているかでした。

せめてこの30時間を勤務時間に取れたらなあと思います。とれて、かつ今の時間外勤務のあたりにおさめたいものです。

 

 

 

 

1年ぶりの歯医者

うげ、1本虫歯が見つかったよ。2年連続。コロナ騒ぎで休校になり、少し余裕が出てきたので、歯医者でクリーニングをしとこかなと思って行ったら、

 

見つかっちゃったんだよね。

困った隣人

私のうちの隣の人はおそらく被害妄想を持つタイプの精神疾患を持っている。

 

12年ほど前、突然、怒鳴られた。息子が小学生の時、お風呂に入るたびに「ばか」と言ってくるから怒って怒鳴ってやったというのが始まり。年に1、2回怒鳴られる程度だったので、そのたびにバカとは言っていないけど、誤解されるような言動や行動があったかもしれないとお詫びの品をもって訪ねて行っていた。すると「いいすぎた。」といってくれて、まあ収まってはいた。そして東日本大震災の前後、怒鳴ってくるのが時間を問わず、週に1回ぐらいに増え、区役所の障害福祉課の方に相談し、医療につなげてもらい、その後7年ほどトラブルなしで過ごしていた。

 

その男性は2年前までは、母親と住んでいたのだが、母親が亡くなったと同時にまた病状の悪化が見られ、事実ではない事象に対して、またいろいろと我が家に向かって怒りをぶつけてくるようになった。

 

私にお風呂をのぞかれる、いたずら電話をかけてくる、職場に来て、悪口を言う、

家に入って牛乳を盗む、家に入ってジャンバーのファスナーを壊す、ウルトラマンの悪口をいう、などいろんなことをされたと信じ切っている。

 

もちろん、そんなことはしていない。しかしそう思ってしまうのが妄想の怖さである。

 

なので、障害福祉課に相談した。担当が変わって7年前とはちがって、なんだかんだと動かない。

今は介入するのが危険だと言われたので、警察に入ってもらって落ち着いたチャンスで一回訪問してもらったが、(ここまででも1年かかっている。)今度は落ち着いているので支援する必要はないと言われ、

 

その後も落ち着かないので、相談に行っても「隣人トラブルと解決する場ではありません。」「病気の支援をしてくれと言われても薬を飲んでもすぐによくなるものではありません。」「我々が訪問したとか、何かをしたとか個人情報があるので一切申し上げられません。」などと言われる。まるで我慢できない我々に非があるかのようである。

 

 

何回も区役所との交渉を重ねる中で、個人情報を盾に何も役所が動かなくても我々には知らせてもらえないということがわかり、

 

もう警察に頼るしなくなり、

 

朝、高校生の娘に私の勤め先をしつこく聞き出そうとし、無視したら怒鳴られたと学校から連絡してきたので、仕事を早退して帰ってきたら、今度は興奮して家の前でずっと怒鳴り続けられた時、

バイクで追いかけられて「でていけーー」と言われた時、

我々と家の前でばったり出くわして、興奮して彼の家のガラスを自分でけり破ったときに、

 

警察に連絡した。

 

そのたびに役所にメールをするのだけど、返事一つ来ない。

役所の方から、情報はいただきますけど、反応はしないと言われているのである。

 

役所がどう動いたかは役所からは話せないから、親せきから聞くように言われているが

親せきからは何一つ動いてもらっていないことは聞いている。

 

警察から保健所は何しているのだと我が家に文句を言われるし、障害福祉課からはクレーマー扱い。

障害福祉課からは、身内からの話でないと動けないだとか、今までかかわってきたケースでなかったら動けないだの言われて、信じて親せきを探したりしたけれど、全部、おかしいことだったということに気が付くのに1年ぐらいかかった。

 

様々な支援してもらえそうな機関に相談したのだけど、どこもまずは障害福祉課に相談するように言われる。しかし障害福祉課は何もしてくれない。民生委員からも頼んだけど、ダメだった。

 

私は特別支援教育に頑張って取り組んでいる教員である。インクルーシブ共生教育を目指して日々、努力をしている。ノーマライゼーションを目指す一人だと思っていた。区役所がきちんと機能していた7年前まえまでは精神疾患のある人も地域で一緒に暮らせるのがあたりまえと思っていた。隣人が悪いんではなくて、病気が悪いから、隣人のことを悪く思うんじゃないと家族に言い聞かせてきた。

 

しかし毎日続く罵倒を前に、障害のある人が地域で暮らすために、まわりは普通に暮らしていくには到底あり得ないことを我慢する忍耐、または、安全を脅かされる、神経を脅かされるという犠牲と引き換えではないかと思わざるを得ないと思うようになってきた。そして頼りの公的機関に我々が非常識なことをいうめんどうな市民として扱われることで、我々は、さらに追い詰められ、傷つくといったように、しなくてもよく苦労をしなくてはいけなくなるのである。引っ越せば、と簡単に言う人もいるが、引っ越してもこの家は買いたたかれ、財産もかなり失うだろう。トラブルがあるたびに、仕事を早退しなければならない状態も相変わらずだ。

 

もう私が被害妄想を持つ人たちとはいっしょに暮らせない、みんなも避けたほうがいいよと差別主義者になるのも時間の問題である。

 

家族はもう差別主義者になっているかもしれない。

 

 

いまは私が被害妄想をもつ人を悪く言うんじゃないと家族に言ってきたことで、

家族が私に大きな不信感をもっている。

今、私は自分の理想を家族に押し付けてしまったことでいらない苦労をさせてしまったと反省している。小学生だった娘は、「本当にとなりの人がわるいひとじゃないの?

おかしい。」と泣かれても、毅然と人が悪いんじゃない、病気のせいだからと言えたのは区役所がきちんと支援してくれたから。あるかないかわからないような不安定な支援を基盤にした考えを持つのはもうやめだ。

 

個人の力量でノーマライゼーションを成り立たせていくのは無理な話であることは痛感した。