不信のとき

不信のとき〈上〉 (新潮文庫)不信のとき〈下〉 (新潮文庫)

古臭い話を読みたくなって、有吉佐和子なんぞ借りてみた。
期待してなかったけど、面白くて、一気読み。どろどろしていて、ぞぞーとするのだが、最後はコミカルな感じで後味の悪さを消していてほほーと感心した。